EDの人は薄毛になりやすいのか、薄毛の人がEDになりやすいのか?

薄毛とEDは、関係ある?

最近、薄毛が気になってきたんですが、
薄毛の人は、EDにやりやすいとか。
EDの人は、薄毛になりやすいとか。

 

そんな噂を聞いて、なんだか、モンモンとしてきたので、
調べてみました。

 

ちなみに、私は、まだEDではありませんw

 

調べてみると、「薄毛」と「ED」のワードだけが、
注目されているようですが、
実際には、AGAが絡んでいます。

AGA治療をすると、副作用でEDになる?

薄毛の人が、薄毛対策としてAGAを始めると、
副作用でEDになるのではないかという噂が広がっているようです。

 

薄毛の原因として、睾丸から分泌されているテストステロンが、
DHTというホルモンに変換されるてしまうことが上げられます。
DHTは、毛を長く太くなるための毛周期を短縮化させる現象があります。

 

それで、このテストステロンを減少させれば、
薄毛が改善されると勘違いする人が多いようです。

睾丸というキーワードから、精力減退などのイメージが持たれているようです。
結果、AGA治療は、EDになると、なってしまったようです。

 

実際の治療は、テストステロンを減少させるのではなく、
テストステロンがDHTに変わるのを防ぐ成分を含む薬を服用します。
それが、「フィナステリド」と「デュタステリド」です。

AGAの治療薬には、副作用がない

「フィナステリド」と「デュタステリド」には、
副作用がなく、EDになるどころか、精力が減退することもないようです。

EDを気にして、AGA治療をしないのは、もったいないことです。

 

AGA治療は、早めに始める方が、効果を実感しやすいと言われています。

 

ネットの情報を、そのまま信じるのではなく、
お医者さんに聞いてみるのが、確実で、問題解決も早いと思います。

今は、クリニックに行かなくても、
お医者さんに相談できますので、
なにか気になることがある人は、
相談してみてはいかがでしょうか?

 

スマホで出来るAGAクリニックの詳しい記事はこちらからどうぞ。