発毛剤の副作用

ミノキシジルの副作用

ミノキシジルという発毛効果があるとされる発毛剤があります。
ミノキシジルは、人によって、頭皮に痒みを感じたり、使用箇所にニキビが出来る人がいたりします。

日本では、「リアップ」として商品化されています。
「リアップ」は、1999年から発売され、ミノキシジル成分を1%含んでいます。

1999年末の時点で、「リアップ」を使用してた3名の方が、因果関係は不明としながらも循環器疾患で死亡しております。
これは、後に国会でも取り上げられ、質問主意書を提出されています。
厚生労働省からの答弁書で、1999年の発売当初から2003年までに循環器系の副作用が500例寄せられている事も判明しております。

発毛剤を購入する時の注意点

購入時に、現在かかっている病気や、服用している薬、既に治っているけれども以前にかかった病気などを考慮して使用しなければなりません。
もちろん、素人判断で決定していては、重大な問題を起こすことも考えられます。

ミノキシジルに限らず、購入時に薬剤師へ相談するなどの対策も必要ですが、クリニックでお医者さんに見てもらうのがよいでしょう。

自宅で発毛剤を処方してもらう

クリニックに行くのがめんどくさくても、スマホがあれば自宅で受診できます。

スマホで出来るAGAクリニックの詳しい記事はこちらからどうぞ。

薄毛 薬

Posted by 2323aga